バルトレックスの画像

バルトレックスは主にヘルペス治療に使われるお薬です。また副作用が少ないとも言われているので服用しやすいお薬とも言えます。性器にできるヘルペスは女性の場合ですと、子宮頸管にまで感染することがあるので、感染が分かったら早期に治療しましょう。

2017年05月の記事一覧

バルトレックスは海外から輸入すれば安い値段で買える

バルトレックスはヘルペスに高い効果を持つ薬ですが、病院で処方をしてもらうと費用が気になってしまうこともあるものです。
バルトレックス自体の値段はそれほど高いものではありませんが、手に入れるためには病院で診察を受けなければならないので診察費や処方料などを含めるとかなりの金額になってしまうので、何度も必要となった場合には費用の負担も馬鹿になりません。
そのため、もっと安く手に入れる方法がないかと考える人もいることでしょうが、基本的にバルトレックスは薬局などで市販をされているものではないので、国内で安価で購入をするという術はありません。

そのようなときに安価でバルトレックスを手に入れる方法としては、海外から個人輸入をするというものがあります。
個人輸入であれば病院で処方をしてもらうこともなく、直接販売元から購入をすることができるので安い値段で手に入れることができるのです。
しかし、この方法も問題があり個人輸入となると現地の言葉がわからなければ簡単にできるものではありませんから、外国語がわからないという場合には個人輸入も難しいものとなってしまいます。
そこで役に立つのが個人輸入代行業者であり、これは個人輸入に関する手続きを代行業者が代わりに行ってくれるサービスであり外国語がわからなくても海外から商品を手配してもらうための手続きや決済方法がわからなくても、全て代行業者が代わりに行ってくれるのです。
手数料は発生しますがその費用というのも病院にかかることから比べれば微々たるものであり、金銭的な負担はそこまでかかるものではないので、バルトレックスをできるだけ安く手に入れたいというときには個人輸入代行業者を利用するという方法があります。

続きを読む

大学病院でも処方されるバルトレックスの胎児への影響

バルトレックスは、Valaciclovirの商品名で、水痘・帯状疱疹ウイルス及び単純ヘルペス、水痘といったウィルス性の皮膚疾患を適応症としています。なお、作用機序は、DNAポリメラーゼという酵素の活性を阻害するというもので、これによりウィルスの増殖を抑制ます。

つまり、疾患に対して直接アプローチするのではなく、ウィルスの増殖をストップした後に、自然治癒力により回復させるという仕組みです。ちなみに、大学病院などでも処方されていますが、かなり薬価が高いということもあり、ジェネリックを使用するというケースが主流となりつつあります。

なお、バルトレックスは、副作用が少ないと考えられており、発症したとしても腹痛や吐き気、下痢といった消化器系の軽度な不調や発疹やかゆみなどの皮膚のトラブル程度です。ただし、稀にアナフィラキーショックや急性腎不全、意識障害やテンカンといった重度な症状に見舞われるケースもあります。

また、妊娠又は妊娠している可能性のある女性への投与は、治療上の有益性が危険性を上回るときのみに限定するべきとされています。これは、バルトレックスの活性代謝物Aciclovirによる動物実験で、妊娠10日目に大量投与したところ、胎児の頭部や尾の部分に異常が発生したことが確認されていrからです。

これは、1日に体重1㎏当たり200mgという腎障害が現れる量を皮下投与したことによるもので、人間に対して行ったものではありません。このために、妊婦がバルトレックスを服用したからと言って、このような異常が必ず起きるというわけではないので、禁忌というわけではなく慎重に行うべきとしています。ちなみに、バルトレックスを服用中に妊娠した場合に、さらに服用を続けた場合の安全性は確立されていません。

続きを読む

バルトレックスは減退期は効果なし?ヘルペスの病期

単純ヘルペスを始め、水痘、帯状疱疹といった主に湿疹系の病気に効果があるとされるのがバルトレックスの薬です。抗ウイルス剤としての性質を持っており、服用し薬効成分が腸内から吸収されることでヘルペスウイルスなどに優れた効果を発揮し、世界的にも広がっている薬でもあります。
バルトレックスを効果的に服用するためのポイントとしては、ヘルペスなどの症状が現れた初期の段階で服用することが肝心で、病期が減退期にある場合には効果が半減する可能性があります。つまり病期の初めに服用しておくことで再発を抑えることができるとされる強力な薬になります。
お年寄りなどに多い帯状疱疹の場合は、皮膚に変化が見られたら5日以内に服用し、水痘なら2日以内に服用することが目安になります。皮膚にピリピリ感や痛みなどの症状の違和感を感じたら、病院の診断を受けることでその日のうちにバルトレックスを処方してもらい服用すれば、多くの場合で効果を得ることができます。
なお病期においては減退期となっている場合もありますので、その場合は服用が適していると言えず、医師の診断に従うことが重要です。バトルレックスは子供にも服用することが可能で、体重が40kgであれば大人と同量となります。
子供の場合、錠剤を服用することが難しい場合には顆粒のタイプも存在するため、のどにかからずにスムーズに服用することが可能です。ボルトレックスの特徴は、食事の影響をほとんど受けることがないため、空腹時でも食後でもいつでも気にせず、服用ができます。
ただ胃腸の荒れを心配されるケースでは、食後に服用すると良く、また性器ヘルペス・水痘・帯状疱疹の病気の種類によって、服用する錠剤の数と服用回数に違いが見られるため注意が必要となります。

続きを読む

帯状疱疹の症状と病院で処方されるバルトレックス

帯状疱疹ってご存知ですか?子供の時に水ぼうそうってよく聞いたと思います。予防接種したり、全身に小さな水ぶくれができる病気です。帯状疱疹とこの水ぼうそうの原因が同じで水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスです。帯状疱疹の症状はその痛みと水ぶくれ(水疱)が大きな特徴です。小さいころに水ぼうそうにかかるとそのウイルスは体の中の脊髄から出ている神経の根元近くに静かに眠ったような状態に潜んでいます。しかし、疲れたり、がんなどのほかの病気になったりして免疫力が低下するとその潜んでいたウイルスはふたたび増殖して悪さをし始めます。脊髄から出る神経は肋骨に沿って皮膚の中にあります。増殖し始めたウイルスはその神経に沿って増殖し、水ぼうそうにかかった時に出るような水疱が肋骨に沿って帯状に出現します。神経に沿って増殖して炎症を起こせば、当然ながら痛みを感じます。神経を直接刺激するようなものですからやはり痛みは強いこともあります、軽症の場合は少しちくっとするような軽い痛みで済むこともありますが、重症になると耐えられないような痛みになることもあります。こうなったら入院となってしまいます。ですから、このような症状が出たときには早めに病院を受診しましょう。外来で治療可能な状態であればバルトレックスなどの抗ウイルス剤が処方されるでしょう。特に疲れているとき、体調が悪いなあと感じたときには治療は早いほうが良いです。というのは、治療が遅くなって重症になってしまうと治療にも時間がかかってしまいますが、治療して治ったはずなのに痛みが残ってしまい、後遺症が残ってしまうこともあるからです。そうなると治療はさらに難しくなります。バルトレックスはこの治療後の痛みがほかの抗ウイルス剤よりも少なくできるといわれています。ですから、おかしいなと思ったら早めに病院で診察してみてください。

続きを読む

掻痒感があったら医師に申告してバルトレックス

例えば性行為を行って性器周辺に水ぶくれができて発熱や痛み、掻痒感を感じる、あるいは性器では無くて口の周辺で同じような症状が起きた場合はヘルペスウイルスに感染している疑いがあります。
もしもヘルペスである場合はその治療薬としては止めにバルトレックスを服用する事で症状を抑える事が出来ますが、バルトレックスを入手する場合は必ず病院へ行って医師に申告して診断を受けるようにした方が良いです。
病院へ行って医師に診てもらうのは当たり前の事でないかと思う人であれば問題はないのですが、皆がそのようにするとは限らないのです。
バルトレックスについては処方せん薬で通常は病院で処方してもらうのが当たり前なのですが、その他の入手方法として近年ではネットが普及したおかげで個人輸入の通販サイトを利用して手に入れる人もいるのです。
通販で手に入れられるのは便利な点もたしかにあるのですが、少なくとも病気の診断はきちんと受けておかないと自己診断では何による症状であるのかは特定しにくいからです。
万が一全く違う病気であった場合はバルトレックスを服用しても意味がなく、症状も改善されないままになります。
だからこそ病院できちんと診てもらうべきなのです。
ただ、性器ヘルペスである場合は性行為を行って感染したのが恥ずかしいから病院に行きたくないという人もいます。
そのような人でもきちんと病院へは行くべきではあるのですが、どうしても病院は嫌だという場合は自宅で検査できる検査キットもあるので確認をしてみるべきです。
ただ、検査キットで調べるとその間にも症状が進行してしまう可能性もあるので、やはりできれば病院へきちんと足を運ぶのがベストであるという事は理解しておくべきです。

続きを読む