バルトレックスの画像

バルトレックスは主にヘルペス治療に使われるお薬です。また副作用が少ないとも言われているので服用しやすいお薬とも言えます。性器にできるヘルペスは女性の場合ですと、子宮頸管にまで感染することがあるので、感染が分かったら早期に治療しましょう。

バルトレックスはウイルス増殖を防ぎヘルペスの特効薬

バルトレックスはウイルス増殖を防ぎヘルペスの特効薬とされています。風邪でもそうですが一般的にはウイルスに効くような薬はないのですが、このバルトレックスだけは例外的な薬で、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があります。
また、バルトレックスは薬価が高いと感じる方はゾビラックスでもヘルペス治療が可能です。ゾビラックスで再発を抑制されると治療費を抑えることができます。

これはどういうことかというと、科学者は実に見事にこのヘルペスウイルスの増殖メカニズムを突いているということができます。ヘルペスウイルスは単独では増殖できず、ヒトの細胞に感染し、ヒトの細胞が増殖する仕組みをいわば乗っ取る形で増えていきます。細胞が増殖するには何が一番必要でしょうか。中学校くらいの理科で習っているでしょうが、そこには遺伝子であるDNAが関係しています。そしてこれはヘルペスウイルスでも同じで、DNAが複製されることで増殖するのです。

DNAは4種類の塩基から構成されていますが、そのうちの一つにグアニンと呼ばれる塩基があります。バルトレックスはこのグアニンに非常に形が似ています。そのため、ウイルスのDNAが複製されるときに、本物のグアニンの代わりに、間違ってこのバルトレックスが使われてしまうのです。似てはいるものの別物ですので、間違ってバルトレックスを使ってしまったDNAはそれ以上複製されることができなくなってしまいます。このようにしてヘルペスウイルスの増殖を抑制する働きを持っているのです。

ここで、鋭い人は疑問に思うかもしれません。そんなことをしては、ヘルペスウイルスだけでなくヒトの細胞まで増殖できなくなってしまうのではないかということです。実はバルトレックスはそれ自体が効果を発揮するのではなく、少し修飾を受けて初めてグアニンと間違えられる物質になるのですが、この修飾に際しては既にヘルペスウイルスに感染した細胞だけに発現しているある酵素が必要になるのです。ですから、感染していない正常なヒトの細胞ではこのような間違いが起きないというわけです。

バルトレックスは吸収効率がいい薬

バルトレックスは体内に吸収されて、帯状疱疹ウイルス感染細胞内に入り込みます。バルトレックスの作用により、ウィルスの増殖を抑えます。胃腸などから吸収されやすく、1回分の使用での薬の効き目が長く、痛みが早く収まります。主な効能としては、単純疱疹、帯状疱疹、水痘の改善や、性器ヘルペスの再発抑制です。

バルトレックスの注目すべき特徴は、吸収効率の良さです。通常一日5回の服用が必要だったのが、1日1~3回の服用で済むようになりました。第2世代抗ウィルス薬に分類されます。なぜ吸収効率が良いかと言うと、バルトレックスの成分であるバラシクロビル塩酸塩は、既に開発されていた抗ヘルペス剤アシクロビルを改良して、腸からの吸収効率を向上させたからです。バルトレックスは、海外の多くの国々だけではなく、日本においても帯状疱疹に対する臨床試験の結果、有効性と安全性が認められています。高齢者が服用しやすい顆粒剤の開発も完了して、2001年7月に承認されました。バルトレックス顆粒50%の薬の色は、白色から、やや黄色がかった色です。

さらに、単純疱疹に対する効能も臨床試験の結果を受けて、承認されました。その後、研究開発が進み、2006年9月に性器ヘルペスの再発抑制の効能も承認されました。性器ヘルペスの再発抑制療法においては、本人の再発のリスクを大幅に減らしただけではなく、セックスパートナーの初感染発症リスクも大幅に減少させました。しかし、コンドームの使用等により感染を防ぐ事が無難とされています。

バルトレックスは、素晴らしいお薬ですが、副作用が現れる事があります。主なものは、腹部不快感と頭痛です。副作用が現れたら、医師または薬剤師に相談する事が重要です。

バルトレックスは子供でも服用できる

バルトレックスは子供でも服用できます。この薬の添付文書を見ますと、成人に対する用法用量と並んで、小児に対する用法用量も記載されています。ですから、その記載に従って小児でも服用することが可能です。よく見ると、成人の用法用量と小児の用法用量は同じものになっています。バルトレックスはいくつかの疾患に対して異なる用法用量で用いられますが、成人と小児に関しては同じ用法用量だということです。

ただし、よくよく添付文書を見ると、体重40kg以上の小児にはというように書かれています。体重40kg以上ということは、ほぼ成人と同じくらいの体格に達した小児というように考えて間違いないでしょう。これはある意味で当たり前で、年齢的には小児であっても体格的には成人と同じような場合には、成人と同じ用法用量で使ってよいと言っているに過ぎないと考えることができます。

では体重40kg未満の小児の場合どうすればよいのかということは、添付文書を見てもきちんと書かれてはいません。新生児や乳児に対しては、これまでに投与されたことが全くないかあるいは少ないために安全性が確立していないということは書かれていますが、新生児や乳児でなく、かつ体重40kg未満の小児、幼稚園児や小学生の多くがこれに該当するでしょうが、そういう小児に対してはどうなるのかが書かれていないのです。

おそらくは、病院の医師の判断ということになるのでしょう。そして、もし投与することが適切と判断されれば、体重に応じて服用量を減らした上で処方されることになると思われます。例えば体重20kgであれば1回あたりの服用量を成人の場合の半分に減らした上で処方されるといったことが考えられます。